レポート・コラム

旅行代理店を活用するメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行者自身での旅行手配があたりまえになった現在において、旅行代理店の存在を懐疑的に思う方も増えているかもしれません。しかし、旅行代理店を活用することのメリットは少なからずあります。本日は、その中からいくつかのメリットを紹介します。

仮予約による費用削減効果

「旅行代理店を使うと高くなる」とお考えの方、多いと思います。実際、人が介在する分、料金が高くなるのは事実です。しかし、旅行代理店だからできることもあります。それは、「仮予約」という制度です。

皆さんがオンラインで航空券を購入する場合、予約と同時に購入することが多いと思います。対して、旅行代理店は、航空券を「仮予約」することができます。航空券の価格は予約時に決定するため、仮予約を行うことで、料金の値上がりを防ぐことができるのです。

航空料金の仕組み

このように、旅行代理店を上手に活用すると、実はコスト削減につながることが可能になります。

 

出張準備の手間軽減

続いては、業務負荷の軽減です。海外出張時は資料の準備やスケジュール調整に追われて、何かと忙しくなりがちです。そこに航空券やホテルの手配が加わると、出張者の業務負荷は更に増します。出張中のパフォーマンスを最大限発揮する意味でも、手配部分を旅行代理店に任せることは合理的な判断と言えるでしょう。

 

安心・安全の確保

近年、世界情勢の不安定化により、出張時の安全確保が重要になっています。旅行代理店は地域に精通しているため、安全を考慮したホテル選びを行ってくれます。社員の安全な出張のためにも旅行代理店を使うという選択はあるでしょう。

 

出張費の適正化

個人で手配することが簡単になったために生じた課題が費用の妥当性の判断です。個々人は、検索サイトなどを利用して手配を行いますが、その検索結果の妥当性を判断するためには、第三者が同様に価格を調査する必要があります。一方、旅行代理店を活用すれば、原則、経済合理的なプランを提示するため、出張費を適正に運用することが可能になります。

 

テクノロジーの進化により、より個人による手配は進むと思います。しかし、一方で法人出張の場合は、価格のみを求めるのではなく、安全性や快適さを含めたプラン選びが必要になります。旅行代理店は、それらを下支えする役割を果たしていると言えるでしょう。

サービス紹介資料をダウンロード

お名前 ※必須
会社名 ※必須
電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須
ご関心のあること(複数可) ※必須 チャットによる出張手配出張記録の管理その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加