資料ダウンロード
ログイン
東海道・山陽新幹線の予約データとの連携機能を提供開始
2020.10.09

~国内外の出張データの一元管理が可能になります~

出張支援クラウド「BORDER」を運営するボーダー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:細谷智規、以下ボーダー)は、2020年10月9日から東海道・山陽新幹線の予約データとの連携を開始いたします。

スマートEX及びエクスプレス予約で予約を行った新幹線の予約メールをBORDERに転送することで、出張データの一元管理が可能となります。

 

新幹線予約データとの連携機能提供の背景

2019年10月に国内出張の支援を開始して依頼、新幹線の予約情報を含めた出張データの一元管理に対するご要望を多くいただいたことを受け、まずはスマートEX及びエクスプレス予約の新幹線予約メールを取り込む機能の提供を開始いたします。

これにより、スマートEX及びエクスプレス予約にて予約した新幹線予約データをBORDERに反映させ、一元管理することが可能になりました。

 

新幹線予約データとの連携機能の概要

スマートEX及びエクスプレス予約の新幹線予約データを取り込む手順は以下となります。

  1. スマートEX及びエクスプレス予約で新幹線を予約する(BORDER外)
  2. スマートEX及びエクスプレス予約から受信した予約メールを転送する。
  3. BORDERにログインし、取込情報を確認・編集し、登録する。

 

1. スマートEX及びエクスプレス予約で新幹線を予約する(BORDER外)

ご自身のID/パスワードでスマートEX及びエクスプレス予約にログインし、ご希望日時の新幹線を予約します。

2. スマートEX及びエクスプレス予約から受信した予約メールを転送する。

スマートEX及びエクスプレス予約から受信した予約メールを、取込用のメールアドレスに転送します。

メールアドレスの確認方法は、下記を参照ください。

【動画で覚える】出張記録の作成(外部の予約データ取込機能)

 

3. BORDERにログインし、取込情報を確認・編集し、登録する。

BORDERにログインした後、メニューから「出張管理>外部取込履歴」を選択し、取り込んだメールのタイトルの予約情報の「詳細」を選択します。

詳細の画面の内容に誤りがないことを確認し、「取込」を選択します。

なお、新幹線の予約情報は、既存の出張タイトルに取り込む(結合する)ことも可能です。これにより、例えばホテルのみBORDERで予約していた場合に、新幹線の予約データと紐づけることができます。

BORDERへの取込結果は、「出張管理>出張記録一覧」から確認できます。

 

今後の展開

国内出張において新幹線は欠かすことのできない移動手段です。今後はスマートEX及びエクスプレス予約だけでなく、その他の新幹線予約システムとの連携を図っていきます。

© Copyright 2020 ボーダー株式会社 All rights reserved.