ボーダー機能紹介

会社独自の出張識別番号を設定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
機能紹介

多くの企業では、出張に対する予算があり、当該予算は部署やプロジェクトごとに割り当てられています。これらの情報が後々報告されると、後の経費処理などが大変になります。

そこで、ボーダーでは、案件ごとに出張識別番号を入力する機能を追加しました。これによって、出張手配時、または、請求時の区分けが可能になりました。

 

それでは、出張識別番号の入力方法について説明します。

 

出張識別番号を入力する

出張依頼時において、【出張識別ID】という項目が追加されています。こちらが出張を識別するためのIDです。こちらには、全角・半角やローマ字、数字など自由に入力することができます。

 

出張識別番号を確認する

出張識別番号を入力したうえで依頼を行った出張には、出張手配の一覧において、当該入力内容が反映されます。

 

同様に、請求項目の一覧にも出張識別IDが反映されます。こちらはCSVファイルでダウンロードすることができるので、費用を確認する際にも各IDにおける使用金額を整理することができます。

 

社内の出張管理においても非常に便利な出張識別ID。是非、お試しください。

サービス紹介資料をダウンロード

お名前 ※必須
会社名 ※必須
電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須
ご関心のあること(複数可) ※必須 チャットによる出張手配出張記録の管理その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加