コラム

【旅行業の豆知識】航空券の種類と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「海外出張が決まった!」となったらまず最初に頭に思い浮かべるものといえば、航空券の手配ですよね。
個人で旅行に行く場合は格安航空券などを利用することも多いと思いますが、そもそも格安航空券ってどういう航空券なのか、ご存知でしょうか?
今回は、色々ある航空券の種類とそれぞれの特徴、出張での利用におけるメリット/デメリットをご紹介したいと思います。

目次

  • 実は色々ある航空券の種類
  • 海外出張での利用に適しているのは?

実は色々ある航空券の種類

国際航空券には、実は大きく分けて4種類の航空券が存在します。
まずはそれぞれの特徴を見てみましょう。

正規運賃航空券

正規運賃航空券とは、IATA(国際航空運送協会)に加盟している全航空会社で利用が可能な航空券で、価格はIATAが決定しています。
1年間の有効期間の間であれば、航空会社の変更・予約の変更・経路の変更・払い戻しなどが可能と、かなり自由度の高い航空券なのですが、その分料金はかなり高額となります。
ファースト・ビジネス・エコノミーと全ての座席クラスの取り扱いがあり、シーズンによって価格の変動がないという特徴もあります。
普通航空券・ノーマル航空券とも呼ばれます。

正規割引航空券

正規割引航空券はPEX航空券とも呼ばれ、変更や払い戻し、購入可能時期や予約期限等、購入・利用における制約事項を加えることによって、割引価格での購入を可能とした航空券です。
PEX航空券の中でも「IATA PEX」「ZONE PEX」「APEX」と3種類の航空券があり、それぞれ以下のような特徴があります。

IATA PEX
正規運賃と同様に、IATAが割引価格を決定。そのため、IATA加盟航空会社であればどこでも利用が可能。3つの航空券の中で最も割高

ZONE PEX
航空会社が独自に設定する割引運賃が適用された航空券。往復ともに同一の航空会社利用が原則。安さと自由度のバランスがとれた航空券

APEX
ZONE PEXに購入可能時期や予約期限の制約を付加した航空券。自由度がZONE PEXより低い分、安く購入することが可能

なお、PEX航空券として購入可能な座席クラスはエコノミークラスのみとなります。

格安航空券

巷で最もよく聞く格安航空券。IT航空券とも呼ばれています。
航空会社は、パッケージツアー用に団体割引を適用した航空券を旅行会社に大量に卸していますが、これを旅行会社側でバラ売りしたものが格安航空券です。団体用にまとめて卸すため、往復の便が固定されている、座席指定ができない、マイルの積算率が低い、等の制約があるものが多いのも特徴です。
また、航空会社に価格決定権があるため、需給に応じて価格が変動しやすいのも大きな特徴です。閑散期は安く購入できる反面、繁忙期はPEX航空券よりも高くなることもあります。
購入可能な座席クラスは、ビジネス・エコノミーとなります。

LCC航空券

最後は、LCC(Low Cost Carrier)航空券。つまり、格安航空会社の航空券です。こちらも、最近ではよく聞きますね。
LCCでは、使用する航空機種を絞る、1機体での座席数を増やす、機内サービスを最小限に抑える、販売を直販サイトに限定する等の徹底したコスト削減により、フルサービスキャリアに比べて安い料金を実現しています。
上記以外にも、変更やキャンセルなどの制約も多いことが特徴です。

海外出張での利用に適しているのは?

さて、大きく4種類の航空券について説明しましたが、海外出張での利用という観点で見た場合には、どのタイプが適しているのでしょうか。
一般的に、海外出張における航空券の選定要件には「コスト」「変更の柔軟性」「問題発生時のサポート」が挙げられます。この3つの軸で、各航空券の特徴を改めて整理してみましょう。

正規運賃航空券 正規割引航空券
(PEX航空券)
格安航空券
(IT航空券)
LCC航空券
コスト ×
変更の柔軟性 × ×
問題発生時の
サポート
×

正規運賃航空券

とにかくコストがかかるため、あまり適しているとは言えないでしょう。

正規割引航空券(PEX航空券)

場合によっては格安航空券と同等の価格で購入でき、その他の面も問題ないため、海外出張での利用に適していると言えます。

格安航空券(IT航空券)

コスト面では優秀ですが、変更の柔軟性が低く、旅行会社によってはサポートも不安な場合があるため、確実に日程が変動しない場合には利用もアリかもしれません。

LCC航空券

安さは魅力ですが、海外出張での利用に適しているとは言えないでしょう。

それぞれに一長一短がある航空券種。一概に「この航空券がベスト!」と言うことはできませんが、それぞれの特徴をある程度理解しておくことで、海外出張のスケジュールに合わせた適切な選択ができると良いのではないでしょうか。

 

※本記事の掲載内容は、執筆または更新時点の情報であり、正確性や最新性については保証いたしかねます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る